シミに効く化粧品

成分で選ぶか人気で選ぶか

いつも化粧品を選ぶときって迷います。まあよほど信頼できる友達から勧められたとかなら別ですが、何か雑誌でみた程度なら、それに関連する商品を何商品かピックアップして、比較したりしながら決めたりすることもありますが、迷いすぎて結局買わないってことも全然ありますね。
だいたい目的に応じてそれに良さそうな成分を選んだりするんですが、ニキビだったりシミだったりくすみだったりですかね。
特にシミに関しては確実に増えてるし、濃くなってる部分もあるんで、急がないといけないなって思いながら見てるわけですね。
成分でいうとアルブチンやビタミンC誘導体なんかがメインだったんですが、ここにきてハイドロキノンってのに夢中になってるところです。何でも数年前までは化粧品には配合できなかった成分ってことで、配合できるようになってから急激に人気が出てるみたいなんですよね。でも慎重に選ばないと、濃度の違いがあるようで、合わなかったら大変なことになりそうだし、不安だったら専門の医療機関で診てもらったほうがいいってのは聞いたこがありますね。
ビタミンCの誘導体でも濃度によっては乾燥しすぎたりもあるみたいだし、安易にキャッチコピーだけで選ばないほうがいいのかなって思うわけですね。
さてシミに効く化粧品って呼ばれてるからにはそれなりの効果を求めてしまうわけですが、やっぱり化粧品ですから、そこはお薬とは違うんですね。美白化粧品も予防に重点を置かれてるんでしょうから、もっと普段の生活も改善しないとなかなか難しいのかなと。
最近はもう写真を撮るときなんかにシミのことを気にしてしまうんです。光の加減によっては、結構目だってしまったりもするんで、写真を見てショックってこともあるんです。ふとしたときに気づくことってありますよね。