ピーリングジェル

使うとわかるピーリングジェル

どうしても限られた時間の中で、試せる化粧品も多くありません。というのも、短期間で効果が出るものというより、時間をかけて様子を見るものが多いからです。そんな短期間で効果がでるのも怖いですし、3ヶ月程度でよくなってくれたらいいなっていう思いもいあります。そこでちょっと違う角度からピーリングジェルというのを試してみることにしました。

ピーリングとは

ピーリングとは肌を剥ぐというような意味で捉えられていますが、まあそんな感じですが、決して怖いものでもありません。あまり油断するのもよくないと思いますが。
肌はターンオーバーを繰り返すわけですが、若い頃のように28日程度では無理になってきます。つまりもっと遅くなるんです、その期間が。30日とか40日とかというふうに。今の自分の場合が何日くらいかというのを知るのは難しいと思いますが、そうなると、古い角質がなかなか剥がれ落ちないわけです。そうなると、だんだん角質が分厚くなってきたりして、お肌がくすんでくる。するとシミやニキビの原因にもなるわけです。大人ニキビなんて本当に大変です。思春期に頃のとは明らかに違うなって実感してるわけです。
ではこのピーリングというのは、どうやってするか。それはハイドロキノンのときもそうでしたが、皮膚科でも出来るし(どこで出来るかはわかりませんが)、通販で売ってるピーリングジェルや石鹸でもできるわけです。
ピーリング剤と呼ばれるものだけでなく、もっと肌に優しい成分で新陳代謝を促すものも発売されていますね。

ピーリングジェルと石鹸

私の選択しとしては、皮膚科は今の時点ではなく、ネット通販で買うことにしました。
さてここで2つの選択肢があります。「ピーリングジェル」か「ピーリング石鹸」かということです。
どちらが優れているかは正直分かりません。使い心地が良さそうなのを選ぶことにしました。手軽さと簡単さで選んだのですがピーリングジェルにしておきました。それほど高いものでもありませんでしたので。
ピーリングというと、刺激が強そうです怖いという印象を持っている方なんかは、まずはピーリングジェルなんかが入ったトライアルを試しみてるのもいいと思います。私はなんでもお試しからです。
こういったお試しトライアルは特別な価格で送料も無料というものもありますので、まずは試すにはいいと思います。
私はいきなりピーリングジェルを買いましたが、結果的には良かったと思います。

ピーリングジェルを使ってみると

する前に聞いていたのですが、ピーリングジェルを使うとかなり白いボロボロとした垢みたいなのが取れます。一番取れたのは鼻あたりで、次がおでこかな。頬なんかはあまり出ませんでした。これは人によって違うと思います。
よくワントーン明るくなったということも聞きますが、私はそんなことありませんでした。でも、肌が柔らかくなったのには気づきました。ちょっと触るとはっきり分かりました。その後、保湿をしたわけですが、やっぱりビタミンC誘導体ですね。翌朝も明らかに肌が違いましたね。るんるん気分です。
でもここで重要なことがあります。紫外線なんてもともとシミの原因になるんで、浴びないように紫外線対策をしておいたほうがいいんですが、ピーリング後はさらに徹底的にしておいたほうがいいでしょうね。肌が弱く、刺激を受けやすい状態になってますので、本当に怖いです、紫外線は。飲む日焼け止めサプリが人気になるのも分かりますよね。