シミも様々です

自分のシミがどれに当たるか

美白化粧品のうりは、シミの原因になるメラニンを抑えることが多いですが、そういうのをみていますが、シミというのはどれも同じかと思ってしまいます。
しかし、シミにも種類があります。そしてそのタイプによっては、美白化粧品が効果を発揮してくれなくて、レーザー治療でもしないと治らないもの。またはその逆の場合もあるようです。
ということは、
シミの種類を知った上での対策が必要になってくるということですね。でも自分に出来てるシミがどのタイプかを知るのは簡単なことではありません。一見同じように見えたりもしますし。そこが気になるようでしたら、やはり専門家に相談するのがいいと思います。でないと、いくら美白化粧品を塗っても全然効果がないという理由が、そこにあるからかもしれません。ハイドロキノンの化粧品がいくら注目されているからといっても、それがどんな肌にも効果があるかは分からないですから。

シミにもこんなタイプがあるようです

シミに種類

シミの中で私の中では一番多いかなと思うのが
「老人性色素斑」
というものです。
別名「日光(性)黒子」と呼ばれています。原因は紫外線ですが、そこがちょっとやっかいなところがあります。
それは、紫外線にあたったのが昨日や今日のことではなく、何年も前にあたった紫外線に当たった影響が出てきているということです。
そして、30代、40代の辺りから、特に顔や手、海によく行く人は肩なんかもそうですが、そういった部位に、次第に濃くなってくるシミなのです。
私の場合は、若い頃に海に行くことが多かったのが悪かったのか、そしてケアもちゃんとしてませんでしたので、予想以上に肩にシミができています。今になって後悔しても遅いんですけどね。
老人性色素斑の場合でも、初期の場合と濃くなってしまった場合では対処も違います。濃くなってしまった場合は、美白化粧品やピーリングでも消すことができない可能性があります。逆を言えば、初期の状態であれば、そういったものが有効になる場合もあります。そうなると、やはりレーザー治療でないと取れないこともあるんです。
そして、そのシミがイボのようになってくると脂漏性角化症となり、これも美白化粧品では消せないと言われています。


美白化粧品かピーリングでケアを

シミの種類は他にもありますが、それは追ってということで、大事なことは予防です。
いかにシミを濃くさせないか、紫外線対策をするかということですが、化粧品で対策をするなら、ピーリングや美白化粧品が人気です。
シミの予防にピーリングジェル
ピーリングをすることにより、角質が硬くなるのを予防し、ニキビやシミの対策になると評判です。これは実際に使いましたが、使った後に確かに肌が柔らかくなりました。個人差があると思いますが、それで劇的に美白効果があるとかではありませんが、長い目でみて予防に努めたいところです。
ピーリングジェルの場合でもそうですが、使った後は紫外線に特に注意です。もともと紫外線をいかに浴びないかは考えておいたほうがいいのですが、ピーリング後は特に気をつけないと、大変なことになるかもしれませんので。

ピーリング 肌を柔らかくしたりして、ニキビやシミを予防します
ハイドロキノン化粧品 メラニンの生成を抑制し、シミを予防します

いずれにしてもシミに効くというか、予防するという点ではとても人気です。何度も書きますが、紫外線対策のことも忘れてはいけません。きっと飲む日焼け止めサプリを飲んでおけばよかったと後悔することになるのかも。