手間も時間もかからないケア

乾燥肌が体のあちこちで

わたしは乾燥肌対策をもう10年余り行っています。
秋口で乾燥がひどくなってくると次第に肌が荒れてきて、最終的にはかゆくなって、皮膚科で塗り薬をもらわないと耐えられない状態になってしまうのです。
今のところ、完全に歯乾燥肌対策の結果が出ているわけではありませんが、以前よりも症状がひどくなってしまう時期が短くなっていることも確かです。ではわたしの具体的な乾燥肌対策です。まず、なんといってもお風呂です。これはインターネットでも皮膚科でもいわれたことを実践しています。
体のあぶらをおとしすぎないために体を洗うのは2日に1回として、かつ、夏場のようにごしごしタオルでこするのではなく、柔らかい手ぬぐいや手で洗う。そして湯上りには乾燥してしまう前に必ず、全身に乳液を塗りこむということです。
これだけでもここ10年間でかなり乾燥肌対策になっていると感じています。そして、朝も起きた時にはすぐに荒れやすい背中やお尻の部分に乳液を塗りこむことにしています。ただ、悩ましいのが頭皮です。頭皮も乾燥から赤みがさしてかゆくなったり、フケが出たりするのですがこちらはまだ対策がとれていません。最近ではシャンプーを男性の薬用シャンプーにかえて、かつあまりこすらないようにしています。皮膚科では頭皮湿疹用の塗り薬をすすめられていますがまだ、試していません。できれば、薬用シャンプーで対策が取れればよいと考えています。

肌潤糖もオールインワンゲルも手間いらずが好き


とにかく面倒なことが大嫌いです。確かにスキンケアなんて細かいこと言い出したらきりがありません。あれもしてこれもして、あれもつけてとかしてるといくら時間があっても足りません。
ですので、どこかで手を抜かないといけないのです。保湿スクラブのみんなの肌潤糖がいいなと思うのはそういうこともあってです。オールインワンゲルも同様です。時間もかからないし、費用もそれほどかからないですしね。お風呂では肌潤糖で、あがったらゲルを塗るだけでもすごく保湿されてる気がするんだ。
もちろん、それすら面倒といいだしたらもうどうにもできないけど、いつかそう思う日がくるかもしれませんが。